エチケット – Montgomerie Links jp

ゴルフコース

ゴルフエチケット

プレイ開始前

チェックイン時間の15分前までにゴルフ場にお越し下さい。事前に予約問い合わせがない限り1つのグループは、4名迄となります。グループが3名以下の場合は、他のグループと一緒にプレイする可能性があります。ティーオフできるようご準備下さい。ホールレイアウト、ローカルルール及びヤーデージについてはコーススコアカードをご参照下さい。

ティー

自分のボールを確認できるようプレイ前にボールマーク規定を遵守しなければなりません。前のゴルファーがプレイ範囲内の外にいないことを確認してから打ってください。他のゴルファーが打っている間、残りのゴルファーは、プレイする人に目を向けて下さい。ロストボールを捜す時間の手間を省く為ボールの行方を見届けてください。ボールが他のゴルファーに向かっていった場合「ファー」と大声で叫び注意を呼びかけてください。

フェアウェイ

他のプレイヤーのボールが手前にある場合を除いて、自分のボールに直接向かってください。ゴルフバッグ、ゴルフカートは、プライヤーご自身の右側に置きます。プレイヤーは、1回だけスイングを練習する事ができます。ホールから一番離れているゴルファーから打ちますが、コース外に出してしまったプレイヤーがいれば、その人から打つこともできます。ショットとショットの間は、迅速に移動し、自分の番が来たらすぐ打てるようにして下さい。前のグループとの間隔を守ってください。必要な場合は、プレイパートナーのクラブを持ったりロストボールを捜すなどお手伝い下さい。ゴルフカートご使用の際は、ルールを遵守してください。

グリーン

グリーンの上では、ゴルフカートの運転はしないで下さい。
必要な全てのクラブを持ち、グリーンと次のティーの間にゴルフバッグとゴルフカートを置きます。あなたと他の人のボールマークを直してください。他のプレイヤーのパッティングライン上を歩くのを避けて下さい。グループ全員のボールがグリーンに乗ってからパッティングする事ができます。ホールから一番遠いプレイヤーからパッティングします。ロングパッティングの時は、他のプレイヤーがフラッグスティックを持ちます。他のプレイヤーのボールラインにあなたのボールがあるときは、あなたのボールをマークしてボールをどけて下さい。次のティーでスコアを記入して下さい。

スロープレイを避ける為のヒント

今日のゴルフにおいて一番の問題は、多くのプレイヤーからの苦情からも証明されているようなスロープレイです。下記は、前のグループと一定の間隔を保つ為のヒントです。
自分の打つ順番がきたらすぐ打てるよう準備をします。スイング練習はしない、あるいは1回だけにして下さい。ボールがゴルフバッグとゴルフカートから離れた場合は必要数のクラブを持って行ってください。次の1打を考えながらボールに向かって下さい。ボールを捜す手間を省く為ボールの行方を最後まで見届けて下さい。ボールを落とすポイントは、固定されているものを目標としてください。ボールのところへまっすぐ向かい、準備が出来次第プレイして下さい。遅れてしまった場合は、後に続くグループに先を譲って下さい。他の人のパッティングラインを踏んでしまわない限り、ホールアウトまでパッティングを続けて下さい。適当な間隔を守ることでゲームをより楽しむ事ができます。

MAKE A RESERVATION


Check In Date:

Check Out Date:


Adults per room:
Children :
Access code/IATA code :


Cancel Options/Languages